移住したいけど後悔はしたくない方へ。田舎暮らしの実際のところ

この記事は約5分で読めます。

こんにちは。カエルの合唱愛好者のコロネです。

地方都市で長く過ごし、よくテレビに映るような街中に住んだこともある私ですが、
幼少期から自然遊びが好きだった私にとって、自然の多い田舎暮らしはずっと憧れでした。

<タライ池で雨宿りするトノサマガエル>

そんな私が、カエルの鳴き声を生演奏で楽しめる生活を送れるようになって、1年半。

今回は、私が実際に田舎暮らしを体験して感じた、
田舎暮らしのメリット・デメリットをご紹介していきたいと思います。

コロネ

かけだし冒険者。すべてにおいてレベル1のひよっこ。
自然が好き。固い虫が苦手。

田舎暮らしのメリット

空気がキレイ

自然が多く自動車の往来も都市部に比べ少ないため、空気がとてもキレイでおいしいです。
休日も、ちょっと家の外に出るだけで、アウトドア欲が満たせてしまいます。

さまざまな生き物と出会える

都会ではなかなか見られない動物や植物と出会えるのもメリットでしょう。
私の住む地域では、ウサギやキジなどの鳥獣、クロアゲハなどの昆虫、
サワガニや川魚、ヤマユリなどの美しい花も見られ、
子供との自然遊びや、カメラを手に写真撮影をするのにも最適な環境です。

<近くの渓流で釣れたアブラハヤ>

自給自足ができる

どの程度の土地を入手でき、どの程度本気かにもよりますが、
田園を手に入れ農業を始めれば、自給自足の生活も夢ではないでしょう。
ご近所さんと仲良くなれば、物々交換もできるかもしれません。

<家の近くで採れたムカゴを炒めて塩をまぶしたもの>

<庭でとれたスギナ、ワラビ、タラの芽を使った天ぷら>


また、所有する敷地に豊かな自然があれば、
タケノコやクリ、フキノトウといった自然の恵みも、無料で収穫できるかもしれませんね。
ちなみに我が家の庭にはタラノキがたくさん生えており、
春はタラの芽の天ぷらを食べ飽きるほど食べることができます。贅沢…。

田舎暮らしのデメリット

移動手段が少ない

田舎になるほど、公共交通機関を利用しにくい環境になります。
駅までがすごく遠かったり、バスの本数が指で数えられるほどしかなかったり。
ゆえに、高齢者でも自動車を運転しないと生活できない場合も多く、
老後を考えて都市部へ出ていく方もおられたりします。

施設が少ない

お店が少ないのはもちろんのこと、病院のような健康や命にかかわる施設も、
近くになかったりします。
まだまだ元気と思っていても、先のことはわかりませんし、
ペットがいる場合は動物病院にすぐかかれるかどうかも、気になるポイントですね。

場所によっては美容院も存在しているか心配です。
髪を切るために遠出するのが面倒な場合、思い切って自分で髪を切ってみるのも良いかもしれません。
自分の髪も、家族の髪も。セルフカットのススメ

虫との遭遇率が高い

豊かな自然に囲まれているほど、さまざまな虫と遭遇する可能性も高まります。
移住先が古民家古い住宅だったり、木造土壁外と繋がる隙間があったりなどすると、
室内で害虫を見る機会も多くなるでしょう。
実害をなすムカデ、カメムシ、ハチ、アリ、ゴキブリなどは特に避けたいところ。

我が家は古い木造住宅なので、窓を閉めていてもどこからかハチやアリが侵入してきます。

<ゴトゴトと音を立てて夜中のトイレに現れたヤモリ>


さらに庭では、オオゴキブリに遭遇したこともありました。
こちらは害虫ではありませんし、好きな方には嬉しいことかもしれませんが、
固い虫が大の苦手の私には、背筋が凍るできごとでした…。

赤ちゃんやペットにも優しい防虫線香「菊花せんこう」


(画像クリックでAmazon商品ページへジャンプします)

田舎への誤解

田舎は静か?

田舎は人通りも少ないですし、静かそうに思えますよね。

ですが、自動車がまったく通らないわけではないですし、
場所によってはご近所さんの使う草刈り機耕運機トラクターの音が、
早朝から日暮れ時まで響いていることもあります。

カエルやシカなど動物の鳴き声も、人によってはうるさく感じるかもしれません。
ちなみに、私の家の近くにはお年寄りがゲートボールをする広場もあり、
基本的に天気の良い日はいつもそこそこ賑やかです…。

静かな暮らしを求めている方は、移住先の周辺環境をよくチェックした方がいいかもしれませんね。

田舎の人間は陰湿?

田舎は人付き合いが大変で、よそ者に冷たく、
陰でうわさされ、間違いを犯すと村八分にされる…。

これも、全部間違っているともいえませんが、地域柄にもよります。

私が移住した地域の人々は、 穏やかで親切な方々ばかりでした。
人口が少ないうえに高齢者ばかりですから、どうしても都会よりはご近所さんとの付き合いが多くなる傾向はありますし、
私が知らない人が私のことを知っているということもちょくちょくありますが、
だからと言ってそれが必ず悪い方に作用するわけでもありません。

<お隣さんからもらった真っ白な水仙>
真っ白な水仙

1つ考えられるとすれば、私が移住した地域はちょっとした観光地で、外からの人の流れがあり、
また住民も買い物で街へ出ていくため、風通しが良いのではないかということです。
ほかの地域との比較ができ、また地元を褒められることも多い。
そういうことも、‟人のよろしさ”に関わってくるのかな、と私は思いました。


人のよろしさ12個入り(3972)【乳菓 和菓子 ミルク餡 低温殺菌牛乳 和スイーツ 手土産 お土産 ギフト プレゼント 土佐 高知 お取り寄せ】

価格:1,620円
(2021/5/4 19:07時点)
感想(3件)

田舎の時の流れはゆっくり?

田舎に移住すると決めた時、「スローライフだね!いいなー」とよく言われましたが、
自然の中でゆったりまったり過ごすだけなら確かにスローかもしれません。
しかし、実際に草刈りや畑仕事などを始めると嘘のように速く時が過ぎてしまうので、
これは「なにをするか」にもよるでしょうし、人にもよるのではないでしょうか。

まとめ

田舎暮らしにも、都会暮らしにも、それぞれメリット・デメリットはありますが、
私は大好きな自然いっぱいの環境で暮らせるようになって、本当によかったと思っています。
(なんといっても食べ物の臨時ボーナスが入るのが素敵)

「田舎に住んでみたいけど、都会の利便さも捨てがたい…」

と、移住に踏み切れない方は多いと思うので、この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました